社会的な活動で導入

地域・ボランティア活動でペット名刺が役立っているという経験を持つ方もいます。ペットと一緒に参加する地域・ボランティア活動での参加者同士の自己紹介や、活動場所となる施設のスタッフなど、関係者に対する挨拶まわりを目的とした使い方や、活動時に接することになる子どもや高齢の方などとの円滑なコミュニケーションのためにペット名刺が役立ったと話している方がいます。

ペットを持つ女性このようなペットと共に参加する地域・ボランティア活動では、活動時に接することになる子どもや高齢の方などに配るのではなく、ペット名刺を名札のように胸につけて使ったという方がいます。大きくペットの名前と顔写真が載っている名刺を名札がわりにして使ったところ、それを見た高齢の方が名前を呼んでくれて、そのことがきっかけでうまくコミュニケーションがとれたという方がいます。

このように、ペットを飼っている友達を増やしたり、ペットの画像や動画などを載せているSNSやブログへのアクセスを集めたりする以外に、世の中に貢献するような活動でもペット名刺は活躍しています。何かペットと共にする地域・ボランティア活動に参加しているまたは参加したいと思っている方は、真似をしてみるのも良いのではないでしょうか。

 

販促での導入

ペットサロンペット名刺は自作することが可能です。必要なものはパソコンと名刺作成ソフト、名刺用紙、プリンタです。ペット名刺はペットサロンなどのお店で導入されていることがあります。商品の購入者やサービスの利用者に対し、その人が飼っているペットの名刺を作って渡すというものです。そのペット名刺の内容としては、ペットの写真や名前のほか、お店の所在地やホームページのアドレス、連絡先など店舗に関する情報が含まれています。ペット名刺を貰った人がその名刺を人に見せたり、誰かと交換したりすれば、良いお店の宣伝になるというわけです

また、ほかにも期待できる効果はあります。自分の愛してやまないペットの写真などが載っている名刺を作ってくれると、飼い主としては嬉しい気持ちになりますし、捨てずに大切に持ってくれます。お店を利用して良かったという満足感も大きくなるため、また利用しようと思ってくれる可能性も高まるでしょう。ペット名刺にはお店の名前を広めてもらって顧客を増やす効果だけでなく、リピーターを増やす効果も期待できるのです。既にパソコンやプリンタがあれば、作成ソフトは無料のものもありますし、用紙は品質の良いものでも安価で手に入りますので、低コストで導入し、顧客に渡し続けていくことができます。

飼い主同士の名刺交換

名刺はビジネスシーン以外での使い方もあります。たとえば、学生がサークル活動でメンバーを増やすための勧誘を目的に名刺を作ることもありますし、幼稚園や保育園、小学校などの子を持つ母親が、入園式や入学式などでママ友を増やすことを主な目的なひとつとして配るママ名刺、そして今回ご紹介する、ペットを飼っている人が自分のペットの名前を覚えてもらうことなどを目的に作成して配るペット名刺もその中のひとつです。

名刺実際にペット名刺を作った場合の使い方ですが、ペットと一緒に行けるカフェやペットサロン、ドッグラン、オフ会などで会った人に、ペットと飼い主の自己紹介のために渡す使用することが可能で。渡した相手もペット名刺を持っていれば交換できますし、受け取った名刺をチェックしておけば、前にも会った人だけれどペットや飼い主の名前が思い出せないというピンチを防ぐことにも役立つでしょう。

ペット名刺にはペットの名前や写真のほか、品種やマイクロチップ番号といったペットについての情報のほか、飼い主の名前や連絡先、SNSやブログの情報など、飼い主についての情報が盛り込まれていることが多いです。ペット名刺はリアルやネットの名刺ショップに作成を依頼するほか、名刺作成ソフトや名刺用紙、プリンタを用意して自作することも可能です。自力でオリジナルのものを作成する自信がない方も、ショップにお願いすればハイクオリティなペット名刺が安価で手に入ります。